*

貴金属,金プラチナ,ブランド品,時計,金券,切手の買取販売のプリウス本店

取扱商品

  • 金プラチナ
  • ブランド
  • 時計
  • 金券・切手
  • 古銭
  • 中国切手
  • テレホンカード
  • バカラ
  • カメラ
  • 洋酒

プリウス本店のインスタグラムでの紹介商品

インスタ写真 インスタ写真 インスタ写真
インスタ写真 インスタ写真 インスタ写真
インスタ写真 インスタ写真 インスタ写真
インスタ写真 インスタ写真 インスタ写真

選べる買取方法

店頭買取り  出張買取り  宅配買取り 

【プリウス本店】鑑定書、鑑別書、保証書の違い知っていますか?

ブログ 知って得する情報

石付きの貴金属を売る時は鑑定書、鑑別書があれば必ずお持ち頂きたいです。

有ると買取金額がアップします。
ただし、注意しなければならない事があります。

鑑定書、鑑別書、保証書の違いが分かっておられるでしょうか?
勘違いをされている方が非常に多いのです。

鑑定書はダイヤモンドのグレーティングレポートでダイヤモンドの良し悪しを判断する4Cの基準で作られた証明書です。
つまり、ダイヤの質をCut(カットされた形)、Color(ダイヤモンドの色)、Clarity(透明度)、Carat(石の重さ)に分けその良し悪しが書かれており、鑑定書をみるとそのダイヤモンドがどのようなものか分かります。

鑑別書は貴金属についている宝石が何と言う宝石(鉱物)かを鑑別している証明書で、宝石に処理がしている場合はそのような記載があります。

保証書はただ単にその貴金属を販売している販売店が書いているものなので、どこまで何をどのように保証しているのか分かりませんので保証書自体に全く意味はないとは言いませんが、売る場合は何の意味もありません。

それでは、鑑定書、鑑別書があれば良いのかと言えばそうではありません。

鑑定書や鑑別書を発行している会社によってもランクがあります。
最も信用があるのは宝石鑑別団協議会(AGL)に所属している鑑定会社で、その中でも特に中央宝石研究所、AGTが最も権威のある会社と言われています。

ただ、鑑定書、鑑別書は公的な機関ではなく民間会社が発行しているためにさまざまな鑑定書、鑑別書があります。
販売している宝飾店の名前で作られた物もあり、中には全く効力を発揮しないものもあります。
その場合でも鑑定した鑑定士が資格を取っていればまだ良いのですが、ひどい物では勝手に鑑定書、鑑別書を作っている場合もあります。

だいたいの鑑定書、鑑別書には鑑定士のサインがあり、G.G.(GIA)またはFGAと、どの鑑定の資格を持っているか記載されています。(中央宝石研究所などの場合は個人のサインは入っていません。)
鑑定した会社、鑑定士の資格で鑑定書、鑑別書の効力が変わってきます。

これから、売る場合もですが、貴金属を買う時も最低限の知識があればよりよい物を安く買い、より高く売ることができます。

2016年6月3日

商品が販売済みの場合はエラー表示され3秒後にプリウス本店楽天市場店のトップに移動します。

貴金属,金プラチナ,ブランド品,時計,金券の買取販売のプリウス本店

ルイヴィトン、エルメス、シャネル、ロレックス高価買取いたします。
大阪市 平野区、生野区、東住吉区、八尾市、松原市がお近くです。

« »